« 【マレーシア旅行記3】〜トレーダース ホテル ペナンだよ、ペナン到着編 | トップページ | 【マレーシア旅行記5】〜サムライバーガーだよ、ペナン出発編 »

2013年9月19日 (木)

【マレーシア旅行記4】〜世界遺産だよ、ジョージタウン編

42dsc01969

歴史的街並が世界遺産に登録されているここジョージタウン。イギリス植民地の面影と多民族・多文化社会が融合した独特の雰囲気が作り上げらているらしい。。。bookcoldsweats01
難しい話は良くわからないので、詳しい説明もなく歴史的建造物見学、パッパと飛ばしていきますよ〜wink


43dsc01896

まずはアチェ・ストリート・モスク、スマトラ島のアチェから移り住んだ裕福なアラブ商人が建てたモスクです。
ハイ次。

44dsc01940

ペナンの街中にはたくさんのウォールアートがあります。これは世界遺産とは関係ないかも?
ハイ次。


45dsc01897

クー・コンシー、中国寺院。中国南部から渡ってきたクー氏が子孫のために建てた霊廟です。
ここは入口、内部見学はまたの機会にでも。
ハイ次。


46dsc01898

ヤップコンシー、こちらは福建省出身のヤップ一族の霊廟です。
ハイ次。


47dsc01902

カピタン・クリン・モスク、19世紀初頭にインド系イスラム教徒によって建てられたモスク、ペナン島最大のイスラム寺院です。
ハイ次。


48dsc01903

マハ・マリアマリン寺院、ジョージタウン最古のヒンドゥー寺院です。寺院内部には美しい装飾が施されたスブラマニアム神の像が安置されているそうですが、内部見学はまたの機会にでも。
ハイ次。


417dsc01904

リトル・インディア、インド人街を撮影したつもりです。。
ハイ次。

49dsc01912

セントジョージ教会、東南アジア最古の英国教会、コロニアル建築です。
ハイ次。

4101dsc01919

ペナン博物館、ペナン島の歴史や文化が紹介されています。
コロニアル建築の建物内部見学はまたの機会にでも。
ハイ次。


412dsc01923

ペナン高等裁判所、イタリアの建築家パラディオが生んだ様式を踏襲していることから、ネオ・パラディアン建築と呼ばれているらしい。
ハイ次。

4141dsc01927

コタ・ラマ公園越しのタウンホール(左)とシティホール(右)、コロニアル建築。
シティホールは、かつて東インド会社の拠点、現在は市議会場。黒い覆いが被さってる建物の方gawk
タウンホールは、クリーム色が美しい集会場。
ハイ次。


415dsc01929

海岸まで到達しました。
曇り空のせいもありますが“美しい海岸線”といった雰囲気ではありません。


416dsc01932

コーンウォリス要塞、英国東インド会社のフランシスコ・ライトが初めてペナンに上陸した場所に築かれた要塞。
ジョージタウンの名前は、当時のイギリス皇帝ジョージ3世にちなんでいるそうです。


419dsc01938

雨も降ってきたのでオールドタウンホワイトコーヒーでひと休みconfident
地元コーヒーチェーンです、日本でいうところのドトールコーヒーみたいな感じかな?


420dsc01937

名物のホワイトコーヒーRM4.2(約134円)ですcafe 他のコーヒー豆に比べると黒くないからホワイトコーヒーとのこと。甘いコーヒーで美味しいですdelicious


421dsc01946

ホテルに戻り、予定通りトレーダースラウンジでイブニングカクテルとオードブルを美味しくいただきましたsmile

部屋からの夜景も綺麗でしたよshine 今日はこれにて就寝ですsleepy


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  ←←読み終わったらクリックお願いします
にほんブログ村







|

« 【マレーシア旅行記3】〜トレーダース ホテル ペナンだよ、ペナン到着編 | トップページ | 【マレーシア旅行記5】〜サムライバーガーだよ、ペナン出発編 »

旅行・地域」カテゴリの記事